贅沢な悩みなんてありません。

健康だけが取り柄な30代女の独り言です。

やわらかい人になる

f:id:sonoko0511:20161231173731j:plain

2017年になりました。あけましておめでとうございます。

昨日の大晦日、1年最後のランニング中、2017年の目標というほどカッチリしたものではないですが、なりたい自分像というものが言語化できたので、ここに書き記しておきたいと思います。

それは「やわらかい人になる」こと。

頭も心も体も、全部やわらかい人になりたい、と。

これは簡単なことを言っているようで、実はなかなか難易度の高いこと。

一朝一夕にはいきません。

やわらかい頭とは、既存の考えに凝り固まらず、柔軟なものの考え方、見方ができるということ。常に考え続けること。常識を疑う、というスタンスも含みます。最低限そこまでできて、ようやく発想力、クリエイティブな力がつき始めるんじゃないか、と思うくらい。ぼーっと生きているだけでは、頭がかたくなってしまう。そのことを肝に銘じて生きていかないといけない。

やわらかい心とは、しなやかさを持ち合わせた心。何らかの攻撃を受けても、プロレスのように、まずは受け身をとって、自分の身(心)を安全に守る。ちょっとやそっとのことでは倒れず、くじけずに何度でも立ち上がる。「来いや〜っ! コラァ!」精神で強く臨む。しなやかさとは強さでもあります。

やわらかい体とは、言葉の通り。現在、月2回ストレッチ専門店に通い、体を治してもらっています。長い間、毎晩自宅でストレッチをする習慣がありますが、それでも体は決してやわらかいとは言えない状況です。体がかたい=ろくなことがありません。足首がかたいとラン中に怪我しちゃいますし。少しずつ改善し、やわらかく、怪我しにくい、動ける体づくりをしていきたいです。

今年1年だけでは100%達成できない、生きている間中の理想像になるかもしれない「やわらかい人」。

それでも少しずつ、やわらかい人へ近づいていきたいと思います。

写真は年末にごちそうしていただいた旨い日本酒。今年も素晴らしい日本酒を味わっていきたい願いを込めて。