贅沢な悩みなんてありません。

健康だけが取り柄な30代女の独り言です。

低用量ピル飲んでます日記② トリキュラー錠28編

②では初めて処方された「トリキュラー錠28」の詳しい服用体験、飲み方、ビギナー向けの基礎知識を綴っていきます。副作用などは③以降で。「早くピルライフを始めたい」とうずうずしていたところ、2月11日に月経が来て、13日に近所のレディースクリニックを受診。

 

f:id:sonoko0511:20150312120824j:plain

 

クリニックを受診してレクチャーを受ける

ピルは処方薬なので医師の説明を聞いた上で、処方してもらう必要があります。自分に合うピルがわかって、何年も飲んでいるような人だと、輸入して安く手に入れることもあるそう。私は初めてなので近所のクリニックに行き、医師の説明を聞きました。

 

指導料とあわせて1シート(1周期分)3400円(税込)。この価格はクリニックによってまちまちです。調べてみると約2000円/シートのところが最安値に近いことがわかりました。

 

本当はもうすこし安く処方してくれるクリニックがよかったのですが、そこは人気で待ち時間が長いどころか、予約自体が数週間先(!)でないと取れません。そのため、あまり混んでおらず予約が取りやすいクリニックにしたのです。

 

28錠タイプ・三相性をサンデースタートで

さて、ピルには21錠タイプと28錠タイプがありますが、最初は習慣化しやすいようにと、1周期分入っている28錠タイプを勧められました。私は起床後にうがいをしてから水を飲むのが日課なので、そのタイミングで飲むことに。

 

私が服用したトリキュラー錠28は、2種類のホルモン(エストロゲンプロゲステロン)の配合量が3段階で異なる三相性のものです。すべての錠剤に一定量のホルモンが配合されている一相性のものは、子宮内膜がほとんど厚くならず、月経がかなり軽くなるとの旨が『女のカラダ、悩みの9割は眉唾』に書かれています。

 

f:id:sonoko0511:20150312114054j:plain

これはトリキュラー錠28の写真です。1〜6日目は橙、7〜11日目は白、12〜21日目は黄、22〜28日目は大きめの白ですが、ホルモンが含まれない偽薬(プラセボ錠、服用を忘れないため)です。この偽薬を飲んでいる期間に月経が来ます。

 

ピルの飲み始め方は、月経初日から飲み始める(Day1スタート)、月経になってすぐの日曜日から飲み始める(サンデースタート)の2種類あります。私は月経初日にクリニックに行けなかったこと、日曜日から飲み始めると月経が週末に来ないメリットがあることの2つの理由から、後者を選びました。

 

トリキュラー28錠 服用レポート(25日間)

f:id:sonoko0511:20150312114314j:plain

月経後の日曜日にあたる日は2月15日で、この日から服用をスタート。上記のカレンダーシールから開始曜日が一番左に来るものを選んで貼るので、とてもわかりやすいです。以下、体にどんなことが起きたか、スマホに残したメモをもとにリアルに記載しておきます。

 

●1〜8日目

とくに変化なし

 

●9〜16日目

突然不正出血が始まる。茶色の血液で悪いおりものみたいな印象。前半はおりものシートで対応できたが、後半はナプキンでないとマズい気がして、月経でもないのに24時間ナプキンを装着。この期間中、1日(1回)だけ吐き気に近い気持ち悪さ・だるさ・軽いめまいを感じる日があった。でも3分程度横たわると治って、それ以降嫌な感覚をおぼえることはない

 

●17〜22日目

不正出血+鮮血も結構出る。「これ月経じゃないの? 私の体、大丈夫? このピル合わないの?」と怯える

★補足

23日目に2シート目のピルをもらうため、かつ不正出血の症状を相談するためにクリニックを受診しました。そこで医師から告げられたのは「不正出血の症状が出る人なんて珍しい。100人に1人くらいだよ」というもの。

 

本などを読んでいて、多少の知識を得ていた私はたまげましたし、「異常だ」的な発言をされたことに、苛立ちすらおぼえました。そもそも前回の受診で「不正出血の可能性はあります」とも言われなかったぞ、と。

 

イラッとした気持ちは抑えつつ、医師に「不正出血+月経時のような血液が出る」と症状を具体的に説明すると「腸の調子が悪く腸内細菌がバランスを崩して、薬を十分に吸収できていないのかもしれない。その結果、不正出血が起きるのかも」と言われ、整腸剤「ラックビー錠」を1ヶ月分処方されました。1日3回、毎食後に飲んでいます。

 

腸とピルの不正出血の関係を調べていると、札幌の産婦人科医が書いたこんな記事を発見しました。ピルが2シート目に入ってからも、しばらく飲み続けて様子を見るつもりです。

第80回 忙酔敬語 低用量ピルと不正出血

 

●23日目〜

暦の上というか、ピルのシート上では月経開始。初日から経血量がすくなく、3日目にいたっては、通常の月経の5日目(終わり頃)くらいの量。4日目なんて、ほとんど血液が出ていない状態。効果が出始めたのか……?

★補足 

そもそもピルを飲むとなぜ、経血量がすくなくなるのか。2種類のホルモンが含まれたピルを飲むと、脳に働きかけ、ホルモンの変動が低くかつ一定に抑えられ、結果的に排卵が起きず、子宮内膜も厚くならず、月経時の出血量がすくなくなります。

 

月経時に出血が起こるメカニズムは、厚く発育した子宮内膜が剥がれ落ちる――シンプルに言うとそれだけです。ピルを飲むとその症状がかなり軽微になります。加えて生理痛の原因となる物質も、ピルを飲むことで分泌されづらくなり、月経の感覚がとてもライトになるのです。

 

事実、私もピルのシート上での月経期間は、肩透かしを食らうほど「え、こんなもの?」という印象でした。いつも2日目はとくに大量の経血が出るので、2時間に1回はナプキン交換をしていましたし、夜は普通用ナプキンを2枚使っていました。でも、今回は1日に2〜3回交換する程度で、夜も1枚で十分でした。

 

3月15日(日)からは2シート目に入ります。不正出血が起きても、2〜3シート目くらいから落ち着くという説があったり、 整腸剤で不正出血が改善される可能性もあったりするので、引き続きトリキュラー錠28を飲んでいきます。経過などはまた後日。