贅沢な悩みなんてありません。

健康だけが取り柄な30代女の独り言です。

初めて膀胱炎にかかった話。

f:id:sonoko0511:20150604191503j:image

生まれて初めて膀胱炎にかかりました。体の変化を記録しているメモアプリDay Oneによると、5月24日に初めて排尿時に異変を感じ始めたらしい。その後は毎回、排尿し終わるくらいのタイミングでピリッとした痛みを感じていました。残尿感もあり。

 

加えて夜なんて1時間に1回ペースでトイレに行くようになり、朝も目覚ましが鳴る前に目覚めてトイレに駈け込んだり……と、おかしな症状が現れていました。もともと水を1日2リットル以上摂取しているため、トイレの回数は多めだったので、あまり深刻に捉えていなかったんです。

 

じきに治るだろうと放置。そのときは膀胱炎を疑っていなかったんです。いや、認めたくなかったのかもしれません。しかし、どんどん悪化する(痛みの感覚が長くなる)気配があったので、2日前にようやく病院に。初めて泌尿器科を訪れました。

 

病院で尿検査をするだけで、膀胱炎にかかっているかどうか、すぐに判断できるんですね。いやはや、知らなかったです。また、婦人科のように触診があるのかと思いきや、症状に関する説明と尿検査結果だけで診察はおしまい。

 

それからというもの、薬を毎食後に飲んでいますが、3日目にして痛みが低減してきたことに驚きです。あぁ、もっと早く行けばよかった……。薬の力、すごい。製薬会社に興味を持ち始めました。

 

膀胱炎は女性がかかりやすい病気だそう。男性の尿道が14~18センチあるのに対し、女性は3~5センチしかなく、尿道口と膀胱の距離が近いために、菌が膀胱内に侵入しやすいのだとか。こちらの病院のコラムがとてもわかりやすかったです。

 

さて、基本的にあらゆる経験を前向きに考える私ですが、今回の出来事もプラスに捉えてみました。

・今後、膀胱炎に関して医師に取材して記事化して経験をお金に替える

・近所の親切かつほとんど待ち時間のない病院(泌尿器科、皮膚科等いろいろある)と出会えた(本当にラッキー。これを機にかかりつけの皮膚科を変える予定)

・トイレを我慢するのはよくない、と自覚できた

 

ともかく、早く治りますように。。

29歳の肌を支える名品たち。

5月、20代最後の年を迎えました。すぐ満腹になったり、靴ずれ痕が長期間残ったり、シミやそばかすが目立ってきたり……と体の変化(プチ衰えか?)を感じている今日この頃であります。
 
シミ問題はレーザー治療でなかったことにしましょう。大人なので迷わず「お金で解決」パターンを選択します。でも、肌ケアは毎日のことなので、自力でなんとかするしかないと思い、合うものを探してきました。
 
そろそろ「レギュラー陣」が固定化され、これらを使っていると肌の質感に関しては調子がいいです。他所で「肌きれいだね」と言われるのを真に受けて、エネルギーに変えていたりもします。29歳現在使っているものを、備忘録代わりにまとめておきます。
 
f:id:sonoko0511:20150524232100j:image
クレンジングはアシュランのマローウォッシュ。二十歳頃からかれこれ9年ほど使ってます。二度洗いでメークが完全に落ちるので、もうこれしか使えません。旅先にも小さい容器に移し替えて持っていきます。
 
f:id:sonoko0511:20150524232309j:image
化粧水はNOA。半年前までちふれを使っていましたが、切り替えました。質感はさっぱり。スプレー式なのも使い勝手がいいです。
 
f:id:sonoko0511:20150524232531j:image
乳液はスハダカ。1月頃から使っています。朝、化粧水の後はこれ。保湿できてるなぁ〜という気がするんです。
 
f:id:sonoko0511:20150524232538j:image
夜は山田養蜂場美容液。1年くらい使えるんじゃないかと思えるくらい、かなりたっぷり入っていて3,000円程度。保湿力が抜群。今日は肌が乾燥しているなぁ……と感じる日は朝も使います。
 
f:id:sonoko0511:20150524232554j:image
髪を乾かすときのヘアオイルや肌、唇などにも使えるのが、Brown Sugar 1stの「エキストラ ヴァージン ココナッツオイル」。本当に万能。食用なので料理にも使います。ただし、髪の毛につけすぎるとテカテカになるので、数滴でOKだと学びました。ツヤが出ます。
 
f:id:sonoko0511:20150524232602j:image
とても素敵な女性で大好きだなーと思うカラーズの経沢香保子社長が、以前ブログで絶賛していたのを見て以来、私も真似して使っています。美しい人が実践していることを取り入れてみる――これ、普通の人には大事な姿勢だと思います。体用。たっぷり使っても2〜3ヶ月もつのに580円くらいで買えるなんて……!
 
f:id:sonoko0511:20150524232621j:image
最後は肌ケアではなく、歯ケアの話。歯磨き粉「デンタパールW」はマツコさんの番組で取り上げられていたのを機に購入し、現在4本目くらいに突入。本当に歯が白くなるのでリピートは自然な流れでした。
 
十年先も使いたいものばかり。ですが、加齢を経て肌の質感が変わると、使うアイテムも変わってくるのでしょうね。そのときどきの自分に合ったアイテムと、よきタイミングに出会えたらいいなァ……と思います。

お土産を買わなくなった理由。

8年ぶりに金沢へ行ってきました。21歳大学生の頃と29歳を目前にした今、同じ街を歩いたはずなのだけれども、自らが置かれた状況の違いか、8年の間に街が進化したからか、なんだか初めて訪れているような感覚にもなったのでした。(ただの記憶力の悪さゆえか……?)

 

旅といえばお土産はセット。そんな思いから物品を買い込んだこともありましたが、最近になってお土産との付き合い方が変わってきました。お土産というより、「現地で出会ったほしいもの+旅を振り返りながら家でいただく食べもの」だけを買うようになったのです。

 

会社員をしていた頃は同僚・同期、友人たちに渡す用のお土産を買っていました。その習慣を引きずっていたため、会社を辞めてからも、日頃お世話になっている人へ渡すちょっとしたお菓子類を買うのが定番に。でも、ちょうどいいタイミングで渡せる機会が意外なほどやってこないのでした。

 

乾物系ではなく、しっとり系のお菓子を買おうと思うと、賞味期限はけっこう短くて、それまでに会えずに自分で食べてしまう、なんてことはざら。いくら友人であろうとも、会社の同期くらいに物理的距離が近くない限り、大人になるとそうそう頻繁には会えません。

 

現に月1ペースで定期的に会う友人なんて1人いるか、いないか。そう考えると「もうお土産なんて買わなくていいや。物理的に渡せないのだし」という結論にいたったのでした。日が経つとお土産そのもののニュース性という「鮮度」も下がってしまう。そうなると渡すほうも気が引けるのです。

 

そんなこんなで、誰かへのお土産は原則ストップ。ただ、例外もあります。一人旅、あるいは家族以外の人と旅をした際は、お菓子類をお土産に買い、彼の会社の皆さん(いつも気を遣って私にもお土産をくださるので)へ渡してもらいます。

 

さて、今回買ったもの一覧。

 f:id:sonoko0511:20150505132104j:image

旅中に読み返していた中谷美紀さんのエッセイ『ないものねだり』に出てきた「アンティーク着物から作ったのし袋ケース」をほしくなったのが5月3日のこと。その翌日、ひがし茶屋街を歩いていると、セレクトショップ縁煌(えにしら)」で発見したのが、こののし袋ケース。なんという偶然という必然か。このデザインは一目惚れでした。

 f:id:sonoko0511:20150505132110j:image

これも着物から作ったものだそうで、肌触りも心地よく、なんというか持っていると素敵な大人に近づけそうなアイテム。夏には友人の結婚式が一件控えているし、早速使う機会がありそうです。なかなか巡り会えないものだし、自分で買おうと思い立つ機会も少ないものだからこそ、贈り物にも適しているように思います。

 

他は食べものばかり。

 f:id:sonoko0511:20150505132117j:image

中田屋のきんつば。青えんどう豆を使ったうぐいすにしました。

 f:id:sonoko0511:20150505132124j:image

日航ホテルでいただいた「車麩のフレンチトースト」が美味しく、家でも作ってみたいなと思い不室屋の車麩を。「おやつ麩」はザ・ついで買いです。

 

美味しくて、艶めかしくて、余白がたくさんあって過ごしやすい金沢。何度も訪れたい街になりました。

2015年4月の読書記録。

f:id:sonoko0511:20150501102940j:plain

見直してみると、取材に関連した本が7割近くになった月でした。4月に私がどんな仕事をしてきたか、ここからけっこうわかるレベル(笑)。

『トリアングル』は大好きな小説になりました。ライターという職業含め、主人公と重なる部分があったので。

---

ジェーン・スー 相談は踊るTBSラジオ「相談は踊る」
ギリギリセーフな仕事術/シモダテツヤ
運を支配する桜井章一藤田晋
女性ホルモンがつくる、キレイの秘密/松村圭子
オンナを降りない女たち、オトコを降りる男たち/亀山早苗
セックスレスの精神医学/阿部輝夫
現代、野蛮人入門松尾スズキ
トリアングル俵万智
最後の色街 飛田/井上理津子
税務署は見ている。/飯田真弓
デジタルデトックスのすすめ/米田智彦
ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い/Hagex
会話力のある人は、うまくいく。中谷彰宏
「夫とはできない」こと/亀山早苗
海外ブラックロード/嵐よういち
---

5月からは

・諸先輩方から勧められた哲学書を読み始める

・信頼してる方から勧められたクラシックなビジネス本を読んで思考力を高める

・小説ももっと読む

といったこともしていくつもりです。

GWの旅時間を活用しつつ、重めな本も読めたらなと思います。

tmixでロゴTを作ってみました。

先日こんな取材記事を書きました。オリジナルTシャツをデザインできるサービス「tmix」運営会社spicelifeさんがショールーム型ストアをオープンしたので、お話を聞いてきたのです。

marketing.itmedia.co.jp

そのときのお話が面白かったのと、ショールームで手で触ったTシャツたちがなかなか良素材だったのとで、私もぜひ作ってみたいぞ!と気持ちが盛り上がり、tmixでTシャツを作ってみました。
 
思い返してみれば、最後にデザインTシャツを作った(当時はクラス単位で。自分のデザインが採用されたわけではない)のは、確か高校時代の学園祭だったでしょうか……相当昔の話です。干支が一周してますから。
 
f:id:sonoko0511:20150419185656j:plain
最初に、完成品から見せます。着るとこんな感じ。国産で素材もしっかりしてます。膨大な型の中から、女性の体のラインをきれいに見せてくれる型のTシャツを選びました。ちょっと細身にできていて、デコルテがほどよく空いてます。
 
「こう見えて私、鎖骨はそこそこ出てるんですよ!」と知らしめるために、クルーネックタイプのTシャツは絶対に選ばない主義です。女性だと私と同じような考えの人は多そうな気が。そんな人でも満足できる型がきちんと用意されています。
 
f:id:sonoko0511:20150419185748j:plain
包みから取り出した状態。袋にもtmixのロゴがついてます。tmixってサービス名がそもそもかわいいですよね。見てもかわいいし読み上げてもかわいい。
 
f:id:sonoko0511:20150419185811j:plain
こんなロゴにしました。私が心から思っているメッセージです。日々の食においても、常にこの思いを現実化しています。
 
f:id:sonoko0511:20150419185828j:plain
最初はイラストか写真を使おうかなと迷ったのですが、シンプルにロゴオンリーでいこうと決めました。なんだかんだ、そのほうが着やすいですし。
 

f:id:sonoko0511:20150413200120j:plain

デザイン中の様子を振り返ってみます。最初はこんなヨーロピアンテイスト?なフォントにしようと思っていたみたい。

 

f:id:sonoko0511:20150413200214j:plain

でも「何て主張してるか読めない!」と気づき、もっと一目でわかるフォントに変更。これもいいなぁと思ったのですけれど……

 

f:id:sonoko0511:20150413200228j:plain

いろいろ悩んだ末、最終的に落ち着いたのがこちら。フォントがたくさんあるので、楽しみながら決めかねてしまう時間でした。「野菜と肉が大好物なんだな」と一瞬で人に伝わるであろうデザインが完成です。

 

f:id:sonoko0511:20150413200240j:plain

 

注文画面の一部。注文後5日くらいで届いて、早ッ!とうれしくなりました。

 

実際に自分デザインのTシャツを着て感じたのは、好きなもの(私の場合メッセージだけですが)の入ったTシャツって、なかなか既成品では手に入らないなということ。

 

ロゴTなんてたくさん売られていますが、「それは好きな言葉ではないな」「自分にとって“意味”や“関係性”のないロゴTはあまり着たくないな」と思うのです。

 

そもそも人からTシャツのロゴをじっくり見られることはないですが、自分の気持ちの問題として「自分が言いたいこと」をプリントしたTシャツを着ているほうが、めちゃくちゃ気分がいいです。

 

というわけで、私はこれからもロゴのみのデザインで作り続ける予定であります。自分用はもちろん、プレゼントにも。

宅配野菜初体験〜大地を守る会の「お試しセット+」

f:id:sonoko0511:20150418222915j:plain

かねてから「どんな感じでしょう?」と気になっていた宅配野菜。そこそこ料理をする人なら「試してみたい」と一度は利用を検討したことがあるのでは? 私も考えたことはあるのですが、なかなか踏み切れずにおりました。

 

今回、ご縁あって、大地を守る会の「お試しセット+(プラス)」を体験させていただきました。入っていた野菜はピーマン/小松菜/いんげん/大根/ほうれんそう/人参/新玉ねぎ/レタス。

 

「土作りと無農薬・化学肥料不使用」を掲げているのが大地を守る会の特徴。生産者名や農薬状況などが、別紙にまとめられています。調理ポイントや保存方法までも……! なんとも丁寧でありがたいです。

 

f:id:sonoko0511:20150418223326j:plain

土がしっかり付いています。この新玉ねぎは予想以上に甘く、シャキシャキしてました。

 

f:id:sonoko0511:20150418223444j:plain

このほか、加工品もとうもろこし缶/ヨーグルト/釜揚げしらす/納豆/焼き海苔が入っていました。こちらも生産者名に加え、特長や原料が書かれていました。個人的にはこのヨーグルト、すごく好きです。酸味が爽やかでどろ〜りと濃厚。

 

f:id:sonoko0511:20150418223552j:plain

さて、この野菜たちをどういただきましょうか。まずはグリーンスムージーにしてみました。小松菜と人参を贅沢に使います。りんごは冷蔵庫内にあったものを。これらにはちみつを加え、苦味をできるだけ回避。

 

f:id:sonoko0511:20150418223727j:plain

どろっとしたスムージーが完成。飲みやすかったです。飲んだ翌日、びっくりするくらい便通がよくなり感激。

 

f:id:sonoko0511:20150418223915j:plain

こちらでは新たまねぎと人参を使いました。春キャベツや新じゃが、豚肉は別のスーパーで買ったものです。しっかり甘みが溶け込んだ春野菜スープは、ぐつぐつ煮込むだけなのに、ごちそう感たっぷり。

 

さて、今回初めて宅配野菜サービスを使ってみて、メリットとして感じたのは3点。

・野菜が甘くて美味しい

・スーパーに買い物に行く頻度が減る

・買い物時の荷物が軽くなる

 

「そりゃそうでしょ!」的な項目ばかりでアレですが、これが家事業務を100%巻き取っている共働き妻としてのリアルな意見です。我が家は夫婦ふたり暮らしで、平日に限っていうと、朝食は作りません。

 

昼食はどちらかが午前出発の日を除き、だいたい自宅で一緒に食べています(昼食を作る機会は4回程度?)。夕食は別々ですが、私が自分のぶんのみ週3〜4回くらい作ります(夕食を作る機会は4回程度?)。

 

週末夜は外食が多いですが、大抵昼食だけは作ります(2回程度?)。つまり1週間のうち料理する機会は10回くらい。野菜はたっぷり、肉魚もバランスよく、昼食時にヨーグルト+フルーツは欠かさず……といった健康的な食生活を目指していると、当然買い出しの機会は増えますし、一度に買う量も多くなります。

 

平均して週3回、少ないときで週2回スーパーに寄って帰るorわざわざ買いに出るわけですが、その度に荷物が重いことこの上なし。ヘビロテしているスーパーから徒歩7分くらいのマンションまで、ひーひー言いながら帰ることも。そのしんどさが、今回お試しセット+のおかげで軽減されました。毎度毎度のことで正直いうと慣れますが、荷物が軽い状態で帰宅できるのは純粋に気分がいいです。

 

また仕事がアワアワしているとき、買い物して帰る時間すら負担に感じることも。私はフリーなのでまだマシでしょうが、勤め人はその何倍も大変なのではと思います。昔会社員だった頃を思うと、終電帰りなんて日も普通にあったので、そんなときはそもそも買い物すら難しくなるわけで。

 

ネットで注文して家まで届けてもらう、というのは相当の時間的コスト、心身にかかるコストを減らすことにつながります。「美味しくて安全な野菜を食べたい」はもちろん、「時間を作りたい」「買い物のストレスを軽減したい」と感じる人と宅配野菜との相性は抜群なはず。我が家も導入を絶賛検討中です。

低用量ピル飲んでます日記③ トリキュラー錠21を輸入編

f:id:sonoko0511:20150413203918j:plain
ピルを飲み始めて3ヶ月目に突入です。体のリズムが正確にコントロールされることで生きやすくなり、肌の調子もよくなった気がします。今のところは、飲んでよかったという感想しかありません。
 
さて先日、個人輸入代行を通じて一年分のピルを買いました。「自分の体に合うピルがわかれば、個人輸入代行で買うとラクですよ」と、ピル歴の長い先輩から聞いたことがきっかけです。
 
うちの近所にある病院だと、ピル費用約3100円+診療代約1000円+待ち時間1〜2時間(1ヶ月分)とお金も時間もかかっていましたが、通販だと1年分のピル費用6580円で、通院時間も0分。一切のストレスがありません。まとめて買うほどおトクな価格になるようです。
 
今回使ったサイトは「ベストケンコー」。4月3日に決済して、自宅に物が到着したのは4月12日。シンガポールからなので、けっこうな日数がかかるみたいです。
 
f:id:sonoko0511:20150413201924j:plain
名刺箱くらいのサイズ感。軽いです。
 
f:id:sonoko0511:20150413201942j:plain
日本の病院で渡されるものは、多くが28錠の偽薬付のもの(慣れると偽薬なんていらないから、21錠にして少しでも費用を抑えたいよ、と正直思います。1年分にするとけっこうな額ですよ)。
 
また、ビギナーにもやさしく、曜日シールまで付いているくらい親切。日本製品って良くも悪くも過剰。そのぶん、確実にかさばりますが、これはなんてスマートなルックスなのでしょうか。ムダなものが一切ついていません。
 
f:id:sonoko0511:20150413201955j:plain
裏返すとこんな感じ。番号順に飲んでいけばOKです。毎日起き抜けに飲む、と決めているし、Googleカレンダーに月経週をあらかじめ入力しているので、間違えることもないでしょう。
 
正規品であると確信できるなら、上手く通販を利用して、金・時間的コストを抑えるのは賢い選択肢だと思いました。